エンデューロモデル マディ対策


6月30日に開催のWEX朽木が天気予報的に数日前から雨が降り続けるとの事なのでマディ確定なので参戦するスタッフの350EXC-Fにマディ対策を!

まずはタイヤですね。

晴れだと朽木の路面はAT81EXがオススメなのですが、完全にマディコンディション確定なのでマディにオススメなブリジストンのX20をセレクトしました!

X20は排泥性能が高いのと、面でとらえるAT81EXとは違い、土に刺す系のタイヤです。JNCCなどでもマディの時にこのタイヤを使うライダーが結構いるマディで高い評価のあるタイヤです!

昨年4月のWEXWEX朽木の際も大雨でしたがその時はAT81EXで参戦しましたが特に走破できないようなことは無かったのですが、今回は折角のマディなのでこのタイヤを試してみます!

 次にフェンダーのインナーに泥除けマットを張りました。

イボイボのあるスポンジなのですが、泥が付きにくく、付いても落ちていきます。オフロードバイクのマディのレースの時に付着する泥の量は10~20kgともいわれています。

泥が付けばつくほど重くなっていきますので少しでもつかない方が有利ですね。

ちなみにこのスポンジある程度は効果持続しますが、突起がへたってくると泥が付くようになってきますので使い捨てではありますが数レースはつかえます。

​次はラジエターカバーに泥が詰まらないように網戸を。このパーツはKTMパワーパーツでもラインナップされています。泥が詰まっていくと走行風でラジエターが冷えなくなってきます

ちなみに私は普段からこの網はずっとつけていますがラジエターカバーに間に泥や土が入らないので洗車が楽というメリットもあります!

​これは、マディでなくてもオススメのステアリングダンパー!

ハンドルを取られやすいマディコンディションの時はさらに威力を発揮します!

最後の仕上げにLAVENのダートエース!

これも車体に泥が付着するのを防いでくれるスプレーです。

コーティングする感じなのでレース後の洗車も楽になるのと、洗車後の磨き上げに使っても綺麗になるので便利です!!

装備も大切!

マディの時はロールオフゴーグル必須です!

剥がして捨てるタイプのティアオフレンズはJNCC / WEXでは環境保護の点から使用禁止されていますのでJNCC / WEX ではロールオフ一択です!

ゴーグルが泥で汚れるとついつい、ゴーグルを外して走りたくなりますが、レース中やコースなのでゴーグルを外して走るのはかなり危険です!スゴイ勢いで泥や飛び石が来ますので、当たり所が悪ければ失明してしまいます。

視界を確保し続けるためにもロールオフは欠かせませんね。

ちなみにKTMがSCOTTとコラボしているロールオフはおそらく現行で販売されているロールオフでは最強です!

まずはフィルム幅がかなり広いのと張り付き防止のフレームが付いているのでかなりの大雨でもフィルムが引っ付いて巻き取れないという事がありません。

ダブルレンズのラインナップもありますのでダブルレンズ化も可能です!

KTMパワーウエアのSCOTTのゴーグルは当店オンラインストアからでも購入できます。

下記リンクより購入できます!

https://www.ktm-web.com/product-page/prospect-wfs-goggels

色々書きましたが、せっかくのレースを楽しむための準備はなかなか楽しいもんです!

昨年に参戦したレースはやたらとマディなレースが多かったのですが、マディなレースが楽しみになるくらい対策していればより楽しいレースになりますよ!!

KTM正規ディーラー

ベイシストオート山科店

京都市山科区北花山大林町38-3

075-286-8626

営業時間11~20時

定休日 月曜日

https://ktm-kyoto.com/

オンラインストア

https://ktm-web.com/

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
ダウンロード (1).png

〠761-0130

香川県高松市庵治町6390-84

KTM香川

TEL /FAX 0878-05-3552 (月曜定休)

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
KTM 京都 正規ディーラー ベイシストオート